札幌マンガ・アニメ&声優専門学校、矢口高雄学校長が2020年11月20日、81歳にてご逝去されました。

矢口学校長は、2017年10月顧問に、2018年4月には本校学校長に就任し、業界をめざす学生のためご尽力いただきました。ここに哀悼の意を表し、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

本校で行われた矢口学校長 2019年7月4日特別講義の模様
https://www.smg.ac.jp/news/2019/07/takao-yaguchi/

矢口高雄学校長プロフィール

マンガ家・公益社団法人日本漫画家協会 理事

秋田県 雄勝郡西成瀬村出身。『鮎』で週刊少年サンデーよりメジャーデビュー。1973年 週刊少年マガジンに『釣りキチ三平』の連載を開始。同年『幻の怪蛇バチヘビ』を発表。日本中に釣りブームとツチノコブームを巻き起こした。2018年 札幌マンガ・アニメ&声優専門学校 学校長に就任。